Experiencing a Breach?


先月、IPAより「情報セキュリティ10大脅威2021」年度版が公開されました。 2020年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案で、1位にランクインしたのは「ランサムウェアによる被害」でした。 ハイブリッドワークで加速する、オフィス外からのフレキシブルな働き方を維持することが今後企業使命となる中で、エンドポイントセキュリティの強化が管理部門には求められてゆきます。


日時:10月5日(火 ) 13:00-14:00


お問い合わせ先:[email protected]



既存のEDR、EPPだけで十分なのか?総務省が発行する最新の「テレワークセキュリティガイドライン」もなぞりながら、ハイブリッドワーク時代のセキュリティに対する考え方をLenovoのソリューションを通して提案します。


本ウェビナーのポイント:

  • これだけは押さえておきたい!ハイブリッドワーク時代のセキュリティ
  • Lenovoとしてのサイバーリスク対策、セキュリティ強化への取り組み
  • セキュリティソリューションとしてのSentinelOne
  • エンドポイントを押さえよう!流行りのランサムウェア対応
  • Singularity Completeの優位性、デモ


スピーカー:

headshot


レノボ・ジャパン合同会社
マネージャー
元嶋亮太

 

 

headshot-Ryuichi-Tomita.png


SentinelOne Japan株式会社
カントリーマネージャー
青山裕宣

 


今すぐ登録